初心者のための暗号資産 PR

仮想通貨Aptos(APT)アプトスの買い方を初心者の方に向けて分かりやすく解説!MEXCならかんたんに購入ができる

記事内に商品プロモーションを含む場合があります

仮想通貨Aptos(APT)アプトスは海外の取引所MEXCでかんたんに買うことができます。

MEXCは日本語対応した取引所なので日本人ユーザーが安心して利用することができます。

グランサガアンリミテッドを始めたい
グランサガアンリミテッドを始めたい
仮想通貨を買うのって難しそう。
マルエフ
マルエフ
僕もはじめは不安でしたけど、やってみるとすぐに慣れてかんたんに買うことができます。

MEXCは知名度が高く、日本人ユーザーの多い取引所です。

この記事ではこんな疑問に答えます。

  • MEXCってどんな取引所?
  • どうやってアプトスを買うの?
  • なぜMEXCではかんたんに購入することができるの?
  • アプトスを買うときに気をつけることってある?

アプトス(APT)はSupervillainなどのNFTゲームで課金したいときに使う仮想通貨です。

アプトスを手に入れて、ゲームを楽しみたい方はぜひ最後までご覧ください。

>>動画で解説を視聴したい方はこちら↓↓

アプトスAptos(APT)が購入できる取引所「MEXC」とは

MEXCロゴ
取引所名 MEXC Global
会社名 MEXC Exchange ( 2018年 – )
事業内容 暗号資産交換業
本社 シンガポール
取り扱い銘柄 1,400 種類以上
取引手数料 一律 0.2%

MEXCグローバルの特徴

  • 日本語表記に対応
  • 取り扱い銘柄が圧倒的に多い
  • 流動性が高い

MEXCは海外の取引所ですが、日本語表記に対応していて、日本人ユーザーも多いです。

マルエフ
マルエフ
過去に大手取引所FTXが破綻したときも、ほぼ関係がなく経営を心配する声はほとんどありませんでした。

MEXCはユーザー登録がかんたんで無料でできます。

セキュリティも2段階認証を取り入れるなど、対策がしっかりとされているので、安心して利用することができます。

マルエフ
マルエフ
日本語対応しているのは嬉しいですね。
MEXCロゴ

\日本語対応なので初心者にやさしい取引所/

/世界的に有名でユーザー数が大規模!\

少し手間のかかる海外の取引所でも手数料をかなり安く抑えられます。

MEXCでアプトスAptos(APT)を買う方法とは【4つのステップで解説】

MEXCでアプトスAptos(APT)を買う方法とは

MEXCでアプトスを購入する方法とは

  • 国内取引所の開設
  • 海外取引所「MEXC」の開設
  • 国内→MEXCへXRPを送金
  • アプトスを購入

【STEP.1】国内取引所の開設

まずは、「bitbank(ビットバンク)」の公式サイトにアクセスをします。
bitbankの口座開設まとめ
bitbankは、パソコンからでもスマホからでも口座開設が可能です。

bitbankを利用するメリット

  • 取引の手数料が安い
  • ネットバンクを持っている人はとくに始めやすい
  • 利用者数が国内最大級の取引所で、サポート体制も充実している

初心者がまず暗号資産を購入するなら、利用者数が国内最大級(暗号資産の取引量No.1*2021年2月14日 CoinMarketCap調べ)の取引所から始めましょう。

公式サイトにアクセスをしたら、「口座開設」を選びましょう。
公式サイトにアクセスをしたら、「口座開設」を選ぶ
ログインや初期設定を行うために、メールアドレスを入力しましょう。

※現在、新規申し込みの方が1,000円もらえるキャンペーンが開催されているようです。

申し込み方法はかんたんでメールアドレスを入力するだけ。こちらからお申込みください↓↓

\暗号資産の取引をするなら手数料分が安いbitbankがおすすめ/

/暗号資産の取引量No.1*の人気取引所\
(*2021年2月14日 CoinMarketCap調べ)

マルエフ
マルエフ
暗号資産を取り扱うようになると、取引所から送られてくるメールが重要になることがあるので、こまめにチェックするメールアドレスの入力がおすすめです。

メールアドレスの入力が完了したら、入力したメールアドレスにbitbankから届いているメールをチェックしましょう。

あとはメールの案内通りに、必要な情報を入力してきます。

国内取引所での身分証明などの手続きが完了したら、口座開設は完了です。

マルエフ
マルエフ
bitbankの口座開設について、さらに詳しく知りたい方は関連記事「暗号資産を安い手数料で取引するならbitbankがおすすめ!100万円以上の取引経験者が解説」をご覧ください。

【STEP.2】海外取引所「MEXC」の開設

bitbankの口座開設が完了したら、MEXCの公式サイトからアカウント登録をします。
MEXCでアカウントの作成をする

アカウント登録で必要な情報とは

  • 電話番号もしくはメールアドレス
  • パスワード(ログイン用)
  • 招待コード(任意)
マルエフ
マルエフ
登録は電話番号でもメールアドレスのどちらからでも大丈夫です^^

結局、セキュリティ対策として後から電話番号もメアドも両方登録することになります。

招待コードは任意ですが、マルエフの「1HfUz」を入力しておいていただけると、ブログ更新の励みになって大変嬉しいです。

利用規約に同意したら、「新規登録」を選びましょう。

次に、コンピュータでないことの証明をクリアします。
MEXCでコンピュータでないことの証明テストをする
入力した電話番号もしくはメールアドレスに認証コードが送られてくるので、ご自身のメール受信ボックスを確認して認証コードを入力します。
メール認証のテストをクリアする
ダッシュボード画面が表示されたら、登録完了です。
MEXCのダッシュボード画面が表示されたら登録完了

【STEP.3】国内→海外の取引所へXRPを送金

bitbankやMEXCの口座開設が完了したら、実際に購入しましょう。

アプトスに興味がある人
アプトスに興味がある人
なんか難しそうだな…。

うまくできるかな。

マルエフ
マルエフ
bitbankやMEXCはサポート体制ができているので、安心してかんたんに購入することができます。

また、この記事では、実際にアプトスを購入する画面をいくつもお見せしながら解説しますね。

もし、この記事について分からないことがあれば、僕、マルエフのTwitter(@maruehu33yp)のDMも解放しているので、気になることがあれば、お気軽にお聞きくださいね。

では、実際に日本円を入金してアプトスを購入しましょう。

国内取引所に日本円を入金する

口座開設後の取引の流れ
口座開設⇒日本円を入金⇒暗号資産を購入

口座開設が完了したら、まずは日本円の入金をしましょう。

ログイン後の画面から、右上の「入金」を選びます。
(人物マークのメニューから「入金」を選ぶこともできます。)
右上の「入金」から日本円を入金する
その後、「日本円 (JPY)」の「入金」を選びましょう。
「日本円 (JPY)」の「入金」を選ぶ
bitbankは振込のみ入金することができます。
「GMOあおぞらネット銀行」もしくは「住信SBIネット銀行」を選びましょう。
基本的にどちらの振込先を利用しても手数料や入金時間に大きな違いはありません。
「GMOあおぞらネット銀行」もしくは「住信SBIネット銀行」を選んで入金する

  1. 支店名
  2. 口座種別(普通)
  3. 口座番号
  4. 口座名義
  5. 振込人名義(ご自身の名前)

をよく確認して振込をする

マルエフ
マルエフ
住信SBIネット銀行の場合は、振込名義の先頭に入金番号が必要となるので注意が必要です。

「GMOあおぞらネット銀行」と「住信SBIネット銀行」との違い

  • GMOあおぞらネット銀行・・・振込人名義はそのままでOK.口座番号だけ間違えないようにする
  • 住信SBIネット銀行・・・振込人名義の先頭に入金番号が必ず必要になる。口座番号番号もよく確認する。
マルエフ
マルエフ
すでにネットバンキングを利用している方は、お手持ちのネットバンキングで対応できます。

しかし、もしネットバンキングを使われていない方は、ATMから入金することもできます。

bitbankは「振込入金」なので、「ネットはまだ怖い。なんか信用できない。」という方におすすめです。

bitbankはもちろん安全ですが、それでも実際にATMで現金を振り込む方が安心するという方は、近くのATMまで行って指定の口座に振り込みをしましょう。

マルエフ
マルエフ
「ネット銀行の利用」もしくは「ATMで直接入金」のように入金方法は2つありますが、

今後も、アプトス購入や売りなどの取引を何度か続ける予定の方は、「ネット銀行の利用」がかんたんでスムーズです^^

入金額はお好きな金額を入金でOKです。bitbankの最低入金額はありません。

マルエフ
マルエフ
ちなみに、振り込み手数料は自己負担となるので、

各銀行ごとの振り込み手数料の無料回数を確認してからの振り込みがおすすめです。

この記事では1万円分のアプトス購入方法を紹介するので、記事に合わせて入金する場合は1万円を入金してみましょう。

マルエフ
マルエフ
「アプトス購入を何度も取引するのはまだ怖い。とりあえず始めてみよう」という方には、ATMの現金振り込みで、ためしに1度だけやってみるという方法もありますね。

さらに、入金の様子を知りたい方に向けて、【初心者】仮想通貨Aptos(アプトス)の買い方|グランサガアンリミテッド【完全に0から始める方へ解説】でも解説していきます。そちらもご覧ください。

日本円をリップルに交換する

bitbankに日本円の入金が完了したら、日本円を暗号資産リップルに交換します。

アプトス購入のために、日本円をリップルに交換する理由は3つあります。

  • 今のところ、アプトスを直接日本円で取引することはできない
  • 海外取引所でアプトスを購入するためには、海外取引所に暗号資産を送金する必要がある
  • ビットコインやイーサリアムではなく、送金が早くて手数料がとても安いリップルを利用する

※アプトスは海外取引所で購入しますが、海外取引所は日本円の取り扱いがありません。

海外取引所は、日本円の取り扱いがなく、海外取引所に暗号資産を送金してアプトスを購入します。

そのため、国内の取引所で日本円をリップルに交換する必要があります。

マルエフ
マルエフ
では、日本円をリップル(暗号資産)に交換してみましょう。

まず、bitbankにログインをします。そして、左上の「取引所」の「▼」マークを選びましょう。
bitbankにログインをして、左上の「取引所」の「▼」マークを選ぶ
リップルを購入するために、「XRP/JPY」(リップル)を選びましょう。
リップルを購入するために「XRP/JPY」(リップル)を選ぶ
(画面右側にある)注文画面で、①「指値」②「買い」③「指値価格」④「予想(金額)」を入力します。(数量は自動で計算してくれます)
注文画面で、①「指値」②「買い」③「指値価格」④「予想(金額)」を入力し、⑤「注文」をクリックする
入力が終わったら、⑤「注文」をクリックしましょう。

取引の流れをかんたんにまとめるとこんな感じです。

  1. 「XRP/JPY」を選択
  2. リップルの「指値価格」と、購入したい金額を「予想」に入力する

リップルの購入が完了したら、次はMEXCにリップルを送金します。

MEXCにリップルを送金する

リップル(XRP)を購入したら、MEXCへ送金をしましょう。

まずはMEXCのダッシュボード画面から「ウォレット」を開き、「入金」を選びます。
まずはMEXCのダッシュボード画面から「ウォレット」を開き、「入金」を選ぶ
トークンの詳細で「XRP」を選びます。
トークンの詳細で「XRP」を選ぶ
XRP入金に関するお知らせが表示されるので、リスクを了承したらチェックを入れて「確認」を選びます。
XRP入金に関するお知らせで確認を選ぶ

マルエフ
マルエフ
確認後、ネットワークが「XRP」になっていることを確認しておきましょう。

右下に「XRPアドレス」と「Memo」が表示されるので、この2つを後からコピー&貼り付けをすることを覚えておきましょう。
入金アドレスとMEMOが表示されるのでコピーをする

「XRPアドレス」と「Memo」は、次に説明をするbitbankでの出金先を入力するときに必要となる。

次に、bitbankのアカウントから「出金」を選びます。
右上のアカウント(人物マーク)から、「出金」を選ぶ
出金の画面から、「リップル(XRP)」を選びます。
リップル(XRP)の「出金」を選ぶ
「アドレス一覧」を選び、MEXCのアドレスを登録します。
XRP引出の「アドレス一覧」からMEXCのアドレスを登録する
「新規追加」を選び、「ラベル」「XRPアドレス」「宛先タグ」を入力します。
「新規追加」を選び、「ラベル」「XRPアドレス」「宛先タグ」にMEXCのものを入力する

  • 「ラベル」…ご自身でお好きにご入力
  • 「XRPアドレス」…MEXCのアドレス
  • 「宛先タグ」…MEXCのMEMO
マルエフ
マルエフ
ラベルはご自身で好きなようにご入力ください。

「XRPアドレス」と「宛先タグ」は間違えのないようにお気をつけください。送金ミスをするとそのまま失ってしまうことがあります。

また、宛先タグはMEXCの「MEMO」になるので、ご注意ください。

そして、「取引所・サービス」「取引所名(MEXC.com)」「受け取り人」を入力します。
「取引所・サービス」「取引所名(MEXC.com)」「受け取り人」を入力する
「氏名」「住所」を確認して、出金の目的を「暗号資産の投資、運用」⇒「暗号資産の売買」にして、確認を選びます。

マルエフ
マルエフ
これでアドレス登録が完了です!

一度登録すれば、登録したアドレスは繰り返して使えます^^

その後、XRP引出の画面に戻り、「アドレスを選択」でご自身で作成されたラベルを選びます。
「XRP引出」の画面に戻り、「アドレスを選択」でご自身で作成されたラベル(MEXC)を選ぶ

マルエフ
マルエフ
内容を確認して、二段階認証コードやSMS確認コードを入力すれば、アドレスの登録は完了です。

「引出数量」に送金するリップルの数量を入力し、「引出内容を確認」を選びます。
MEXCに送金するために「引出数量」に送金するリップルの数量を入力する
※ネットワーク手数料(送金手数料)として0.15XRP(約7円)がかかります。

内容を確認したら、二段階認証コードやSMS確認コードを入力して、「出金する」を選びましょう。
内容を確認して、二段階認証コードやSMS確認コードを入力後、「出金する」を選ぶ
引出履歴にメール認証待ちと表示されます。
引出履歴にメール認証待ちと表示される
ご自身のメールの受信ボックスをチェックして認証をしましょう。

bitbankでは、メールでの認証が最終的な確認作業となります。

メールでの認証をする前はかんたんにキャンセルができますが、メール認証後はキャンセルが難しいことが多いので、メール認証はよく確認してから認証しましょう。

マルエフ
マルエフ
メールの認証が済むと、引出履歴に「審査中」が表示がされます。
メールの認証が済むと、引出履歴に「審査中」が表示がされる

bitbankからMEXCまでの送金は15分~30分ほどかかることが多いです。

マルエフ
マルエフ
bitbankからMEXCへ送金するには約30分ほどかかります。出金が完了するとメールでお知らせしてくれます。

送金する金額によりますが、早いと10分、遅いと40分くらいといった具合です。

MEXCでの入金の確認の仕方とは
bitbankから出金完了のお知らせが届いたら、MEXCでも入金を確認することができます。

MEXCの「ウォレット」から「概要」を開き、ページ上部の「入金」を開きます。

「入金」と表示されるページの下部に、「最近の入金状況」があるので、そちらから確認することができます。
MEXCでは入金履歴をウォレットの概要⇒入金から確認できる

送金ミスによる暗号資産損失のリスクとは
Twitterでは「暗号資産の送信先のアドレスを間違えた」などの送金ミスによって、暗号資産を失くしてしまう方がみえます。最悪の場合、送金ミスによるものだと取引所に問い合わせをしても、暗号資産が返ってきません。

暗号資産を送金するときは、いきなり数十万円、数百万万円と大きな金額を送金するのではなく、数千円や1万円などの額で送金を試してから、大きな額を送金することをおすすめします。

【STEP.4】MEXCでアプトスを購入する

MEXCへリップルを送金したら、いよいよMEXCでアプトス(APT)を購入します。

MEXC内でのリップル購入までの流れ

  • XRPをUSDTに交換する
  • USDTでアプトス(APT)を購入する

アプトスを交換することができる仮想通貨は「USDT」のみ

マルエフ
マルエフ
リップルから直接アプトスを購入することはできないので、一度、リップルをUSDTに交換しましょう。

リップルをUSDTに交換する

MEXCのダッシュボードから「取引」⇒「現物取引」を選びます。
MEXCのダッシュボード画面から取引⇒現物取引を開く
注文板が表示されるので、右側の検索窓に「XRP/USDT」を入力します。
MEXCの注文板が表示されるので、右側の検索窓に「XRPUSDT」を入力する

マルエフ
マルエフ
現物取引ができる「10×」を選びましょう。

現物取引で、価格と合計の数量を入力し、「XRPを売却」をしてUSDTを手に入れましょう。
(((*XRPの価格と数量の画像))

  • 「価格」を入力する
  • 「合計」でXRPの売る量を決める

USDTをアプトスに交換する

いよいよ、USDTを手に入れたらアプトスを購入します。

右側の検索窓に「APT/USDT」と入力しましょう。
(((APT/USDTの買い方画面)))

「APT3L」「APT3S」など、APTと似た通貨と間違えないようにお気を付けください。

マルエフ
マルエフ
左上にPolkaFantasy(APT/USDT)と表示されていれば大丈夫です!

現物取引で、価格と合計の数量を入力し、「APTを購入」をしてAPTを手に入れましょう。
現物取引で、価格と合計の数量を入力し、「XPを購入」をしてXPを手に入れる

MEXCならアプトスAptos(APT)をかんたんに購入することができる理由とは【少ない手順でできる】

MEXCならアプトスAptos(APT)をかんたんに購入することができる理由とは
仮想通貨アプトスは2つの方法で購入することができます。

  • MEXCで購入する⇒手順がかんたん
  • パンケーキスワップで購入⇒手間がかかる

パンケーキスワップは管理者がいない「DEX」と呼ばれる取引所です。

ステーキングや手数料が安いときがあって話題になることがあります。

しかし、DEXを利用するときに、結局、海外の取引所を経由したり、ウォレットの開設したりするなど、いろいろと手間がかかります。

マルエフ
マルエフ
気軽に買いたいという方には、「国内→MEXCで購入」という流れがいちばんかんたんです。

MEXCでアプトスAptos(APT)を購入するまとめ

MEXCでアプトスAptos(APT)を購入するまとめ

MEXCはサポート体制があり、利用者数が多い取引所なので初心者でも安心できる

ユーザー数が多く有名な取引所なので、なにかトラブルがあったときに、ネットやTwitterでかんたんに情報が出てきます。

マルエフ
マルエフ
MEXCはしっかりと日本語対応しているのも嬉しいですね!

アプトスがあれば、Supervillainでゲームでキャラを強くしたり、イベントをより楽しんだりすることができるので、

ぜひMEXCでアプトスを購入してみてくださいね。
MEXCロゴ

\口座開設無料!日本語対応が嬉しい!/

/安心なサポート体制が初心者に人気!\

>>動画で解説を視聴したい方はこちら↓↓

楽しい!最高グラフィックのMMORPG「グランサガアンリミテッド」の始め方
  • グランサガアンリミテッドってなに?
  • ブロックチェーンゲームなの?
  • ゲームをプレイして稼げるの?
  • NFTはどうやって手に入れる?
  • グランサガアンリミテッドはどうやって始めるの?
そんな美しいグラフィックのMMORPGに興味のある方に、

ゲームをわいわい楽しみながらちょっぴり稼げる

グランサガアンリミテッドだからできる「Web3ゲーム」

をお伝えします。

グランサガアンリミテッドで新しいゲーム体験を見つける